ジムブロ。 IT企業で事務職のボクにブログ暮らしができるのか!

一部上場のIT企業なのに事務職のボクがブログ暮らし生活することを目指します!

映画【フォルトゥナの瞳】評価と感想。神木隆之介と百田尚樹は最高だけど、気になる点が多かった。

f:id:a720b720c720:20190217084625j:plain

 

評価:55点

 

嫌いじゃないけど...な映画。違和感やツッコミどころを感じざるを得ない点が多々あり。神木隆之介さんは安定の演技のうまさ。

 

フォルトゥナの瞳:あらすじ

幼少期に飛行機事故で家族を失った木山慎一郎(神木隆之介)は、友人も恋人も作らず仕事のみに生きてきた。

 

しかしある日、「死を目前にした人間が透けて見える能力」―フォルトゥナの瞳―を持っていることに気づき、生活が一変してしまう。

 

自分の力に苦悩する日々の中、偶然入った携帯ショップで桐生葵(有村架純)に出会う。明るく、自分に夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、孤独だった慎一郎の人生に初めて彩りが生まれる。

 

互いに惹かれ合った2人は幸せな日々を過ごしていくが、それもつかの間、突然街ゆく人々が次々と透け始めてしまう。そして、ついには葵までもが―

予告編動画

www.youtube.com 

フォルトゥナの瞳:作品情報

 

公開

2019年2月15日

上映時間

111分

監督

三木孝浩

キャスト

木山慎一郎ー神木隆之介
桐生葵ー有村架純
金田大輝ー志尊淳
宇津井和幸ーDAIGO
植松真理子ー松井愛
黒川武雄ー北村有起哉
遠藤美津子ー斉藤由貴
遠藤哲也ー時任三郎

 

f:id:a720b720c720:20190217074849j:plain

 

 木山慎一郎ー神木隆之介

事故で家族を失って以降、仕事ひと筋に生きてきた青年。ある日、死ぬ直前の人間が透けて見える「フォルトゥナの瞳」を手に入れてしまう。

f:id:a720b720c720:20190217074836j:plain

 

桐生葵ー有村架純

初めて慎一郎が愛した女性。「フォルトゥナの瞳」を手に入れたことで苦しむ慎一郎の心の支えとなる。

f:id:a720b720c720:20190217074841j:plain

 

フォルトゥナの瞳:感想とネタバレ

 

感想:気になった点が多かった。

久しぶりに気になった点が多かった映画でした。笑

 

ダラダラした印象

序盤、中盤まではおもしろいな~とみていましたが、中盤以降はダラダラと作品が進んだ印象でした。

 

特に終盤、自らの命と引き換えに、電車を止めた慎一郎が死んだあと。

 

回想しながら「実は、、、」といった感じで葵の声での種明かし?していくシーンがありました。

 

実は、が実はじゃない!

でも「実は、、、」が全然「実は、、、」じゃなかったんです。笑

 

20年前の飛行機事故で「助けて」と言っていた女の子は実は葵だった。そして実は葵もフォルトゥナの瞳を持っていて死期の近い人間が透けて見ることができる。

 

 ざっくりですが、こんな種明かしがありました。

 

 しかし正直始まったばかりの飛行機事故のシーンで女の子が登場した時点で、「あ、 有村架純ってオチなのかな~^^;」って思いました。

 

僕だけじゃなくて、たぶん結構みんな気づいてたんじゃないかな?

 

もちろん確信したわけじゃないけど、まぁよくあるパターンではありますよね?

 

あと、実は葵もフォルトゥナの瞳をもっていた。というところも、飛行機事故の女の子が葵であるなら、フォルトゥナの瞳を持っていた、というところも想像できる範囲ですよね。

 

 そして、その序盤で気づいてしまった人からすると、「え?それで伏線回収したつもり?」「もっとなんかあるんじゃないの?」って感じ。

 

 期待していただけに、ちょっとがっかりなオチでしたね。

 

斎藤由紀さんの演技

f:id:a720b720c720:20190217083048j:plain

ちょっとうるさかった。というか、演技がオーバー笑

 

ちょっと映画の雰囲気にあっていなくて、昭和感が満載。斉藤由貴さんだけ一人浮いた感じに見えて少し気になりました。。。

 

しかも、あまりストーリー展開には大きく関係ないポジションの人物。

 

のわりに、序盤では結構な頻度で登場してくるので、「なんでなんだ?」となりました。苦笑

 

ストーリー設定はよかった。

もちろんよかったところもありました。

 

ストーリーの設定すごく面白かったです!この作品の原作は百田尚樹さんです。

f:id:a720b720c720:20190217080726j:plain

 

 百田尚樹さん原作で、映画化されたものといえば

 

自分の醜い容姿を変えるために整形を繰り返す一人の女性を描く物語【モンスター】。

 

国のために命を捧げるのが当然だったと言われる戦時下の日本と、凄腕の零戦乗りの一人の男を描いた【永遠の0】。

 

ほかにも【海賊と呼ばれた男】なども。

 

どれも人の心や戦争時代をテーマにし、重めのテーマを扱っている作品が多いと思います。

 

そして今作のフォルトゥナの瞳もテーマとしては生や死について取り扱っているイメージ。

 

 昔生死を彷徨った少年は死を間近にした人間を見ると、その人が透けて見える。その透けた人間を救おうと、人生や運命を変えてしまうと自らが死に近づく。

 

さすが、といった感じでストーリーや設定がすごく面白かったです。

最後に:フォルトゥナの瞳は暇つぶしにはあり。

豪華俳優陣が出演していることや百田尚樹さんの原作ということもあり、勝手に僕の中ですごく期待値の高い映画になっていました。

 

気になる点もありますが、エンターテイメント性には優れていて、ストーリーもいいので、暇つぶしにはいいかもですね。

 

それでは。